希望の命水 〜生体ミネラル水〜 との出会い

● 〜 突如襲う、迫り来る異変 〜

あれは2007年10月14日、朝8時過ぎ、日曜日でまだ寝ていた私に突然父から電話が入りました。

「おかあさんが倒れた」と・・・

母はその日、市民会館で行われる大正琴の発表会に出るために、迎えの車を待っていたそうです。そしたら突然右半身に力が入らなくなり、椅子に倒れ込んだというのです。

「今、救急車で病院に向かうから、おまえもすぐに来い・・・」

病院に向かう車のハンドルが震えてました。「なぜ、なぜなんだ・・・」

母は72才、普段これといった病気もなく、週に1回プールで泳ぎ、昼間はボランティア活動で各施設等に大正琴の慰問演奏に行っていました。
まさに元気そのもの。
この日は、その集大成の発表会の日でした。

救急病院に着くと、集中治療室に通されました。
先生が話しかけてきました。

「検査結果が出ないとはっきりは言えませんが、たぶん脳梗塞だと思われます」

恐れていた言葉でした。目の前が真っ暗になりました。

 母は、ベットに横になってました。すると突然・・・
「びっくりした、ステージの上で倒れなくてよかったよ・・」って話しかけてきました。

私は少し安心しました。「よかった、しゃべれるって」
なぜなら普通、右に麻痺が出た場合、左脳がやられているから、言葉が不自由になると聞いたことがあったからです。

「ねえ、どうなの、手足は・・・」 そう母に尋ねてみました。
「うん動くよ、でも力があまり入らない・・」
そう答えながら、少し手足を動かせて見せました。

「あっ、けっこう動くんだ、これなら軽くすんだのかも知れない」そう思い安心しました。

ところが・・・


● 〜 いちかばちか、苦渋の選択 〜

ほっとしたのもつかの間、そのとき先生はこういったのです。

「今は収まっているようですが、この後、症状が進み麻痺が進行する可能性もあります。」
「発症後、3時間以内なら、最近許可された特効薬があります。これを使えば劇的に症状が回復し治ってしまう方もいます。」

そんなに効く薬なら、すぐに使って欲しいと思いました。
しかしその後、先生は衝撃的なことを言ったのです。

「ただ、副作用が起きる場合があります。脳内で出血の可能性があり、最悪、死亡することがあります。」

(この薬は血液をサラサラにし、血管内のつまった所を溶かす作用があり、3時間以内なら細胞がダメージを受ける前に回復させる事が出来るそうです。効果が高い反面、血管が弱っていたりすると、出血してしまう、そしてよりひどくなってしまう、すばらしくも怖い薬です。)

「どうしましょうか、今の症状なら私からは、どちらがいいとは言えません。50対50です。もっと悪ければお勧めするのですが・・」

その時ベットの上で、その話を聞いていた母が言いました。

「今は口もきけて、手足も動いているんだから、少しくらい不自由になってもこのままでいい・・」

その言葉を聞いた父と私は、その特効薬を使わないという、苦渋の選択をしました。

はたして、その結果は・・・


● 〜 奈落の縁から、失望のどん底へ 〜

その後、母はどうなったのでしょう。
夕方、目覚めた母に聞いてみました。

「どう、手足は・・・」

「うっ、動かない・・・」

午前中は、ある程度あがっていた手足が、ほとんど動かなくなっていました。
先生は、MRIの検査結果を見ながら、こう言いました。

「左脳にある、右半身の運動をつかさどるところに梗塞が拡がってしまいました。今現在、右上肢は完全麻痺の状態です。」

「あーなんてことだ、こんなことなら、あの薬を使っておけば良かった・・・」
失望のどん底で、そんな後悔の念に、苛まれました。


◎ 〜 偶然の出会い、見えてきた希望の光 〜

その後、母はリハビリ病院に転院し、必死のリハビリを続けました。

昔と違い今の医学では、急性期を過ぎたらなるべく早くに、リハビリをさせるとのことです。その方が、その後の回復率がいいそうです。

ただ動かないのを、無理矢理動かすわけですから、そうとうな苦痛を伴います。
見てる方からすると、ちょっとかわいそうな気がします。
でも本人のためだから、がんばれって、励まし続けました・・・

その辛いリハビリを続けたお蔭で、徐々に手足の機能が回復してきました。
特に足の方は、車いすから立てるようになり、杖をついて歩けるまでになりました。

そして、4ヶ月後、母は退院しました。
少しくらい不自由でも、このまま少しずつでもよくなってくれればいい。
そう思っていた矢先・・・

先生は言いました。
「この病気、脳梗塞は、再発の危険がかなり高いのです。」

「えっ、薬を飲んでいてもですか?」 私は聞き返しました。

「そうです。きちんと薬を飲み続けたとしても、健康状態を維持しない限り、再発のリスクは高まります。」

「・・??・・・。」

せっかく辛いリハビリを乗り越えて、よくなってきたのに、再発だなんて・・・

そんな絶望の時に、この「レポート」に出会ったのです。

私は探していた、健康維持に必要な「生体ミネラル水」に出会ったのです!!

いざという時「希望の命水」には「医療相談制度」があります

相談票本体

相談票別紙

回答書1

  • 「これは私個人の感想であり、効果を示すものではありません」


◎連休中でも、14:00までのご注文は当日発送いたします

生体ミネラル水「希望の命水」

●体重60kgなら1日わずか30ccでOK!

●ミネラル成分36種類以上含有!

健康の為にお飲みになる方は、目安として体重の0.5を掛けたccを、朝と晩に分けてお飲みください。
(健康な方で60kgの方は1日15cc×2回の計30cc が目安)

◎ 今ならお得です。 送料・代引き手数料 すべて無料。

●SSL通信システムにより安全に御注文出来ます。


a:7173 t:1 y:0